外資系に転職したいなら応募要項をチェックしよう!

外資系企業では英語のスキルは必須

なんとなく外資系の企業に転職をしたいと考えている人は応募要項をチェックした際に英語力で断念するケースが多いです。多くはTOEICのスコアが何点以上と記載されていることが多いです。当然外資系企業なので、いろいろな国に支店があり、仕事上もやりとりが発生します。
例え日本の事務所に勤務する人材を募集するとしても、海外の社員とのやりとりには公用語として英語が使用されることが多いために必須なスキルといえます。日本事務所の勤務の求人だからといって英語力はあまり関係ないと考えている人も多いですが、意外と勤務上のハードルが高いため、他に募集要項には必須なスキルや諸条件が記載されているために確認しておくことが大事です。

実力主義の外資系企業

また外資系の企業のために実力主義ですから応募要項に記載されている待遇も結果を残せなければ保証されず下がることもあります。契約自体も日本企業のような形ではなく有期であることが一般的です。その期間に結果が出せないと当然クビになることも心得て応募すべきです。勤務時間も日本企業より一般的に短いと思われがちですが、時間内に仕事を終えることができるスキルを持った人が多いだけで終えることができない場合には当然できるまでに残業は必要になり長時間勤務が必要になります。
また日本企業でも当たり前のように転勤もあります。つまり日本以外の国に異動になることも普通にありえるために日本で働くことに固執する人、また親の面倒を見るといった日本にいなければならないような人は勤務することは難しいと言えます。

英語で面接をする企業は現在では増加している傾向にありますので、英語が必要な会社の面接の場合には準備しておきましょう。