正式に申し込む前に確認したい条件とは何か?

語学力がどれくらい必要になるか

企業には、純日本系の会社、純外国資本の会社、外資系に買収された日本系の会社などがあります。純日本系の会社でも最近は社内公用語を英語にしています。英語ができることに越したことはないでしょう。
外資系会社に転職するときに気になるのは、語学力がどれくらい必要かでしょう。採用時の書類が英語で求められる、面接が英語で行われることはあります。日常会話などができれば何とか対応できますが、専門的な仕事だと対応できないこともあります。
外資系と言っても何から何まで英語で行うわけではありません。素直に質問をしましょう。英語力はどんどん伸ばせるので、それを期待して採用してもらえることもあります。面接に通るぐらいの語学力があるなら十分やっていけます。

就業規則は現地の会社に合わせているか

日本の会社が日本で活動をするなら、もちろん日本の法律の元で運営を行います。海外の会社が現地で業務を行うときは、その国の法律に準じて行います。日本にある外資系の会社はどの国の法律に基づいて仕事を行うかです。
日本であれば、外資系であっても日本の法律の下で行います。就業規則も、日本の労働基準法に従って作成され、運用されます。
確認しておきたいのは、日本以外で働く場合にどうなるかでしょう。本社がある国に赴任することもあれば、それ以外の国に行くこともあります。それぞれの国でどんな対応になるかです。入社してすぐに外国に行くこともあるでしょうから、念のため確認をしておきましょう。その内容に納得できれば、正式に申し込むようにします。